住宅断熱性能不具合象例|LV2一戸建て内覧会同行検証/ガルア

問合せ先案内

URL:https://garua.net/nairan/verify-k2.html

  1. ホーム > 
  2. 住宅断熱性能不具合象例
  • 新築一戸建て建売住宅の住宅断熱性能に関する不具合の一部をレベル2にて照会いたします。
  • 新築一戸建て建売住宅の内覧会同行チェック検分で、戸建て住宅検査専任一級建築士が検証した断熱性材の充填不良に因る事象や異常な熱橋現象の実態から特に重視するチェックポイントです。
  • 住宅断熱性能の不良検出地域は、東京 埼玉 神奈川 千葉 茨城・東京都近郊の地域内で検分した事例です。
建築鑑査サービス案内内覧会同行検証一戸建て不具合事例建築鑑査コラム:しがらみ無き第三者検査技師
契約前内見・内覧同行調査サービス内覧会同行立会いチェックサービス工事検査・施工監査サービスアフター点検診断サービス
  • 中古一戸建て契約前内見調査サポート
  • 新築マンション契約前内見調査サポート
  • 新築一戸建て契約前内見調査サポート
  • 中古マンション契約前内見調査サポート

雪嵩む夕暮家々の断熱住宅 「何よりも住まう人のために」

雪嵩む夕暮れ家々の断熱住宅
目次

*新築一戸建て内覧会同行立会いサポートでチェック検出の住宅断熱性能不具合例*

新築一戸建て建売住宅の引渡し前内覧会に同行する一級建築士が、住宅断熱性能を熟知した検査知識で外壁・屋根・天井等の断熱性能実態をチェック検証した象例です。

一戸建て新築建売住宅でも、住生活の断熱機能と劣化耐久の維持性能を備えた「かけがえのない家族財産」と思量します。

VL2住宅断熱性能不具合象例新築一戸建て引渡し前の断熱機能と劣化耐久性に支障及ぼす象例

断熱性能を検証した結果、新築一戸建て住宅の実態部位に住生活の健康安全性や構造部材の劣化耐久性能に支障及ぼす不良箇所の象例を、写真画像を併用して解説いたします。

  1. 住宅断熱性能不具合象例の対象
  2. 新築一戸建て住宅
  3. 建売一戸建て住宅
  4. 分譲新築戸建て住宅
  5. 戸建てマイホーム
  6. 二世帯住宅
  7. 新築戸建て別荘
  1. 住宅断熱性能不具合象例の分類
  2. 内覧会同行サービス
  3. 内覧会同行チェック
  4. 内覧会立会いサポート
  5. 引渡し前買主検査立会い同行

2-1屋根裏断熱材敷詰め不良事象(屋根断熱性能効果を低下させる不具合)

断熱材の敷詰め不良事象

屋根裏(最上階天井裏面部)の断熱材敷詰め施工部分に"詰め空き事象"無知識な施工不良の実例です。

この不良事象は住宅断熱の性能を著しく低下させる要因の不具合です。

加えて年月経過に伴い、不良事象付近の天井面や内装壁面に"ヒートブリッジ現象に因るカビ発生"を誘因する軽視できない不良事象です。

2-2屋根断熱材防湿シート破れ損傷事象(屋根断熱材の性能低下と住宅断熱性能効果低下の不具合)

外壁断熱材防湿シート破れ損傷事象例

屋根裏(最上階天井裏面部)の断熱材を保護する"防湿シート破れ損傷"の無技能な施工不良実態例です。そして、当該不良事象も年月経過に伴い、住宅断熱材の品質性能を著しく加速低下させる軽視できない不具合です。

適切な断熱材敷き込み状態事例画像

また断熱材の周辺状況によっては 断熱材に"黒色カビ種の発生増殖"を誘因させ居住者の健康に支障及ぼす軽視できない不良事象です。右・緑枠画像は屋根裏断熱材の一般的な施工良例です。

2-3外壁断熱材張込み不良・断熱材防湿シート破れ損傷事象(断熱材の性能低下となる不具合)

外壁断熱材防湿シート破れ損傷事象例

新築一戸建て建売住宅・外壁の断熱材張込み施工部分に"張込み不足事象"の不良、および断熱材を保護する"防湿シート破れ損傷"の手荒な施工不良実例です。

断熱材に有害な黒カビが生殖した実況例

当該性行不良の破れ損傷事象は、住宅の断熱性能を低下させる不具合のみに止まらず、壁内の断熱材ならび事象部分の壁面周部に"人体有害な黒カビ(クラドスポリウム)が繁殖・増殖する恐れもある住生活健康安全予防債務ならび木造住宅劣化耐久維持性能債務の不作為と考査します。

2-4外壁断熱材張込み欠格と防湿層取設欠落(断熱性能低下および木構造部材耐久性低下の不具合)

外壁断熱材張込み欠格と防湿層取設が欠落した実例

建売住宅新築戸建て外壁の断熱材が張込み欠格と屋内側の防湿シート取設が欠落した"断熱工事欠陥"の施工箇所実例です。当該箇所は換気機能のない1階と2階に位置した天井裏内の外壁部位であり、外壁下地材の耐震構造合板が現した、在ってはならない施工箇所です。

この欠陥部位は直ちに支障及ぼす事はないが、年月経過の初期(築1年〜10年)では断熱性能が低下し、中期(築10年〜25年)に至っては木構造部材の劣化目安となる過剰ひび割れ事象、または黒茶色変異や腐食事象が加速的に進行して、経年住宅構造の劣化耐久性を著しく支障及ぼす一部の施工欠陥例です。警鐘:「安かろう…」には、このような「…悪かろう」も在る。

新築一戸建て内覧会同行立会いページの外壁断熱材欠格・防湿層取設欠落を見る

2-5ユニットバス床下断熱施工未済事象(下冷気が屋内侵入現象する住宅断熱性能低下の不具合)

ユニットバス床下断熱施工未済事象例

ユニットバス(UB浴室)床下と洗面室床下の境に設けられた進入点検口に冷気流を遮断する"気流止めの断熱材質蓋が欠落した"の施工欠格事例です。

当該異状は他室の床下を換気する冷気がユニットバスの床下に流入し、UB壁パネル裏を経由して隣接する部屋の断熱性能を恒久的に著しく低下させ得る要因の軽視できない重度の不具合です。気流止め壁蓋設置状態の適正事例画像右・緑枠画像は気流止め蓋設置済の参考良例です。

尚、ユニットバス浴室床下断熱工事の施工仕様は、住宅金融支援機構の融資対象標準住宅仕様でも規定している。

2-6ユニットバス気流止め材欠損事象(床下冷気屋内侵入現象の住宅断熱性能低下不具合)

ユニットバス四周部気流止め材欠損事象例

屋内壁とユニットバス器体の取合い空き四周部分に"樹脂製気流止め材が剥ぎ破損"手抜かりの施工不良実例です。

UB周部気流止め箇処画像

当該不良事象はユニットバス壁パネル裏に冷気が流れ込み、柱や梁・桁等に結露を生じさせ構造木材の腐朽を誘因する実状であり、この現状下では天井裏を経由して隣接する部屋の断熱性を低下させる、加速性重度の不具合です。

左・緑枠の参考画像は「住宅資料」 http://www.pgm.co.jp/data/pdf/2013-2syo_0901.pdf

2-7床裏断熱材自重剥離事象(床下断熱性能効果を低下させる不具合)

床裏断熱材自重剥離事象例

床下断熱材が自重で垂下がる"自重剥離事象"補強欠落の稚拙な施工不良実態例です。

断熱材自重剥離事象

この不良事象は住宅断熱性能の機能低下を及ぼす要因であり、住宅断熱性能維持に関わる著しい不具合です。

断熱材の剥離・剥落を防ぐ不織布が大引き材などに確実に取付けられてない現況から、施工不作為に主因する断熱機能欠格と考査します。

2-8断熱材固定不織布破損事象(経年断熱性能に支障ある不具合)

断熱材固定不織布破損事象例

床下断熱材剥落を保護する"断熱材固定不織布損壊"事象の極めて手荒な施工不良例です。

直ちに住宅の断熱性に支障を及ぼす異状ではありませんが、年月に伴い断熱材が自重でたわみ 剥離・剥落する兆候不良事象の不具合です。

従って当該事象は、前項事象を予兆する断熱材固定破損による経年の住宅断熱性能に支障ある欠格施工です。

次ページ 》
新築一戸建て内覧会同行立会いサポートページのイメージ画新築一戸建て内覧会同行立会いサポート|内覧会同行チェック/ガルア