*新築一戸建て内覧会同行立会いサポートでチェック検出の住宅断熱性能不具合例*

新築一戸建て建売住宅の引渡し前内覧会に同行する一級建築士が、住宅断熱性能を熟知した検査知識で外壁・屋根・車庫天井等の断熱性能実態をチェック検証した象例です。

新築一戸建て建売住宅でも、居住環境の機能 安全 デザインを備えもつ掛け替えのない財産

断熱性能検証結果、新築一戸建て住宅の実態部位に欠落・異状・不良現象を検出した箇所の住生活機能・構造部材の劣化耐久性能に係る影響ケースを口頭報告し、加えて検出事象に起因した後々の異状現象を解説します。

 目次 

LV2 一戸建て引渡し前内覧会同行・住宅断熱性不具合事例(木造住宅居住生活環境を損ねる象例)

1,屋根裏断熱材敷詰め不良事象:屋根断熱性能効果を低下させる不具
断熱材の敷詰め不良事象
  • 屋根裏(最上階天井裏面部)の断熱材敷詰め施工部分に、敷詰め不足の"詰め空き事象"無知識な施工不良実例です。
  • この不良事象は住宅断熱の性能を著しく低下させる要因の不具合です。
  • 加えて年月経過に伴い 不良事象付近の天井面や内装壁面に"ヒートブリッジ現象に因るカビ発生"を誘因する軽視できない不良事象です。
2,屋根断熱材防湿シート破れ損傷事象:屋根断熱材の性能低下と住宅断熱性能効果低下の不具合
外壁断熱材防湿シート破れ損傷事象例
  • 屋根裏(最上階天井裏面部)の断熱材を保護する"防湿シート破れ損傷"の無技能な施工不良実態例です。そして、当該不良事象も年月経過に伴い、住宅断熱材の品質性能を著しく加速低下させる軽視できない不具合です。
適切な断熱材敷き込み状態事例画像
  • また断熱材の周辺状況によっては 断熱材に"黒色カビ種の発生増殖"を誘因させ居住者の健康に支障及ぼす軽視できない不良事象です。写真右は屋根裏断熱材の一般施工例
  • 新築一戸建て頁の断熱防湿保護材破れ損壊に戻る
3,外壁断熱材張込み不良・断熱材防湿シート破れ損傷事象:断熱材の性能低下となる不具合
外壁断熱材防湿シート破れ損傷事象例
  • 新築一戸建て建売住宅・外壁の断熱材張込み施工部分に"張込み不足事象"の不良、及び断熱材を保護する"防湿シート破れ損傷"の手荒な施工不良実例です。
断熱材に有害な黒カビが生殖した実況例当該異状事象は住宅の断熱性を低下させる不具合のみに止まらず、事象周辺状況及び"断熱材に人体有害な黒カビ(クラドスポリウム)繁殖・増殖の恐れ"もある住生活健康安全予防債務の不作為と考査します。
4,ユニットバス床下断熱施工未済事象:床下冷気が屋内侵入現象する住宅断熱性能低下の不具合
ユニットバス床下断熱施工未済事象例
  • ユニットバス(UB浴室)床下と洗面室床下の境に設けられた進入点検口に冷気流を遮断する"気流止め断熱材質蓋欠落"の施工欠格事例です。
  • 当該異状は他室の床下を換気する冷気がユニットバスの床下に流入し、UB壁パネル裏を経由して隣接する部屋の断熱性を著しく、かつ恒久的に低下させ得る要因の軽視できない重大な不具合です。
気流止め壁蓋設置状態の適正事例画像尚、ユニットバス浴室床下断熱工事仕様は「フラット35」融資対象住宅でも規定している。写真右は気流止め蓋設置済の良例
5,ユニットバス四周部気流止め材欠損事象:床下冷気屋内侵入現象の住宅断熱性能低下不具合
ユニットバス四周部気流止め材欠損事象例
  • 屋内壁とユニットバス器体の取合い空き部分に"樹脂製気流止め材が剥ぎ破損"手抜かりの施工不良実例です。
UB周部気流止め箇処画像
  • 当該不良事象はユニットバス壁パネル裏に冷気が流れ込み壁パネルに結露現象を誘因し、現況次第では天井裏を経由して隣接する部屋の断熱性を低下させる要因の重大で恒久な不具合です。参考図資料:「住宅資料」より
6,床裏断熱材自重剥離事象:床下断熱性能効果を低下させる不具合
床裏断熱材自重剥離事象例
  • 床下断熱材が自重で垂下がる"自重剥離事象"補強欠落の稚拙な施工不良実態例です。
断熱材自重剥離事象
  • この不良事象は住宅の断熱機能を著しく低下させる要因となる著しい住宅断熱機能の不具合です。
  • 断熱材の剥離・剥落を防ぐ不織布が、大引き材などに確実に取付けられてない現況であり、施工不良に因るの断熱機能欠格です。
7,断熱材固定不織布破損事象:経年断熱性能に支障ある不具合
断熱材固定不織布破損事象例
  • 床下断熱材剥落を保護する"断熱材固定不織布損壊"事象の極めて手荒な施工不良例です。
  • 直ちに住宅の断熱性に支障を及ぼす異状ではありませんが、年月に伴い断熱材が自重でたわみ 剥離・剥落する兆候不良事象の不具合です。
  • 従って当該事象は、前項事象を予兆する断熱材固定破損による経年の住宅断熱性能に支障ある欠格施工です。

一覧ページ◀◀前のページ次のページ