ご家族が集うマイホームのやすらぎを守るマンション住戸アフター点検診断
マンション住戸内部の水廻りアフター

目次

分譲マンション専有部のアフター点検サービス活用法

分譲マンション入居後の住生活上で気付かれた時事

マンション入居後の不具合事例(新築マンション住戸入居後のアフター点検診断チェック時検出実例)

掃き出しサッシ下端が反曲り変形不良による埃溜りと躓き転倒の不具合アルミサッシ下端の反り曲り不良収納扉上端部分の壁紙クロスに縒れ皺異変した内装美観維持の不具合壁紙クロスの縒れ皺異変隣住戸との戸境躯体のひび割れ部分を遮音性・耐力壁強度の改修工事戸境躯体ひび割れ部分の改修工事巾木下端部分に隙間現象が発生したフローリング床材の反曲変形不良フローリング床材の反曲変形不良木枠上端部分の壁紙クロスが貼り込み欠落した新築時の内装工事不良木枠上端に壁紙貼り込み欠落

安定感あるボックス型マンションは 耐久性最良

マンション住戸アフター点検診断概説( 第三者・チェック調査&アドバイス)

マンション住戸の点検診断ではリビングもチェック対象新築マンションにご入居後のお部屋の状態を建築鑑査建築士(一級建築士/建築設備検査者登載建築士)がアフター点検チェックを行い、客観的に診断致します。アフター点検の主なチェック範囲は、床の平坦異状 壁の膨れ クロスの異常 キッチンやユニットバス サッシ・ドアの状態 換気風量の状態 普段目にしない床裏や天井裏の配管・配線 外部バルコニーの状態をアフター調査してチェック診断。点検チェック調査で不具合を検出した場合は丁寧にアドバイス致します
サービス分類
  1. 第三者点検診断
  2. アフター点検チェック診断
  3. 定期アフター点検チェック
サポート対象
  1. 既存マンション専有部(住戸)
  2. 分譲マンション
  3. 賃貸マンション
  • 契約書の専有部仕様と現状実態の照合チェックを実施(販売パンフレット図書仕様 設備機能仕様)
  • マンション専有部の異常有無状態をチェック点検診断します(床 壁 天井 付属物の施工精度)
  • ドアやサッシ等の可動状態や建付け状態をチェック点検します(付属品含む取付精度や機能性)
住設器具や給排水管の経年状態を点検チェック
  • 設備機器の機能状態や給排水管の通水状態をチェック点検します(キッチン 洗面室 バスルーム トイレの設備 及び床下 天井裏 PSの配管 固定性 流水機能)
  • マンション専用部バルコニーのアフター状態と異常劣化の有無をチェック診断します。(防水性 止水性 耐久性 床排水面 付属設置物など)
  • マンション住戸の遮音性に於けるお隣との戸境壁(界壁)及び上下階(界床)の遮音仕様の品質状態をチェックします(目視確認が可能な範囲)
  • マンションのお部屋の不具合や異変状態を検出した場合は、その対処方法や改善後のチェック方法をアドバイス致します。
  • アフターチェック調査の所要時間は1時間〜3時間です(状況次第では4時間以上の場合もあります)
  • マンション住戸アフターチェック調査後に簡易レポート(総合所見)を作成し報告致します。
  • アフター調査診断サポート後は、無料にてアドバイスサポート致します(メール又は電話にて)
  • マンション専有部の赤外線カメラ放射熱線可視化測定をオプションでご利用できます。
  • マンション住戸のホルムアルデヒド気中濃度簡易測定をオプションでご利用できます。
  • ファインレポート(解説写真入りの精査報告書)がオプションにてご利用いただけます。

マンション住戸のアフター点検診断チェック調査や「売主側実施のアフター点検」事前チェックの診断サポートに関する不明な点、又はご相談等はマンションお問合せフォーム下さい。

サービス地域分類
  1. 第三者点検診断
  2. アフター点検チェック診断
住戸診断対象
  1. 分譲マンション
  2. 賃貸マンション
アフター点検診断サービス対応地域の知的財産図画

アフター点検診断サービス地域(マンション住戸)

マンション住戸のアフター点検診断サービス地域は、東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、茨城県(東京近郊) 及び東京隣県のエリア内で実施しております。

他の地域でもマンション住戸点検チェックのアフター診断は可能ですが、事前にマンション関連のお問合せフォームからご相談下さい。

診断費用分類
  1. 第三者点検診断
  2. アフター点検チェック診断
  3. 定期アフター点検チェック
点検診断サポート対象
  1. 既存マンション専有部(住戸)
  2. 分譲マンション
  3. 賃貸マンション

マンション住戸標準点検診断費用

交通費を含むマンション住戸標準点検診断料金)
  • 70㎡未満:税込み26,800
  • 70㎡〜100㎡未満:税込み28,800
  • 100㎡〜125㎡未満:税込み30,800
内装状態や水廻りの状態やバルコニー状態調査を実施する2時間〜3時間程の点検診断サービスです。

ワンタイム点検診断費用

交通費を含むマンション住戸点検診断料金)
  • 1住戸・1時間程: 22,000
異変箇所のポイント検査や重点要所調査1時間程で実施する点検診断サービスです。

ワンタイム点検診断には簡易レポートは付属していませんので予めご承知願います。

  • 点検サポート費用に伴う対象面積とは、マンションの住戸面積と、リビングバルコニーを除くその他のサイドバルコニー・サービスバルコニー・ルーフバルコニー等を合計した面積です。
    (角住戸や最上階の住戸タイプ等の場合にはご注意下さい)
  • マンション住戸の点検対象面積が125㎡以上の場合は、別途にお見積りいたします。
  • マンション住戸アフター点検診断サポートの費用は交通費・消費税を含めた料金であり 且つ前項の点検チェック対応地域内での料金です。
  • マンション住戸アフター点検診断チェック費用のお支払いは、調査チェック終了後の安心な後支払いです。お部屋のアフターチェック終了後、当日の調査担当員にお支払い下さい。
    また、当方のサポートを以前にご利用されたお客様、又はそのお客様からご紹介の場合には、事前に申し込み下さい。
  • 前記のチェック費用額より2.000円を減額させていただきます(オプション費を除く)、もしくはファインレポートを保存されているお客様には3.000円を減額させていただきます(オプション費を除く)
  • マンション住戸アフター点検診断サポートをキャンセルされる場合は、お手数ですが調査前日の午前中迄に連絡をお願い致します(キャンセル料金は頂きません)

マンション住戸アフター点検診断のチェック費用に関するご不明な点は、マンションお問合せフォームからご連絡ください。


マンション住戸点検診断サポート評価・お客様の声

マンション住戸点検診断後にご依頼人から頂戴した点検サービスの評価をご紹介いたします
その他のお便りは、一覧ページ依頼人のお便りとサポート評価をご覧下さい。

〈マンション住戸点検診断お客様の声-もっと早くに依頼していれば:東京都区部・女性36歳

 昨日は細かな点検(アフターチェック)をして頂き本当にありがとうございました。
そして、早々のレポートを送って頂きありがとうございました。

正直TKさんが帰られた後、不安とショックと、もっと早くにTKさんに依頼していれば・・・という後悔しかなく放心状態でした。。。
しかし、クヨクヨしている時間はありません!!! 流されてはいけませんね!!
売り主のGR(売主)に連絡をし、点検(無償アフターサービス)日を来週の○曜日に変更することができましたので、それまでにレポートを参考にし、主人と共に(・・・中略・・・)毅然とした態度で臨みたいと思います。

本当にありがとうございんました。
売主さん側が言う「様子をみて…」は、自然に直る筈のない不具合事象箇所は瑕疵相当の施工不良でした。しかし、職人の技と適材を用いれば確実に改善可能な事象です。2年の間、不快な居住生活を解消する程の是正改修後は、真の新居をご満喫下さい(TK)

〈マンション住戸点検診断お客様の声-不具合箇所の売主確認責任:東京都区部・女性33歳

 先日は、丁寧な点検(アフターチェック)をしていただきまして有難うございます。
また、レポート(マンションアフター診断報告書)のお礼が遅れまして申し訳ございません。

売主にご指摘いただきました事項を報告し、再来週に確認(施工不良に起因した不具合箇所の売主確認責任)にきていただけることになりました。

また、何かございましたら、ご連絡させていただきます。
居住されて判る不具合や日常目しない箇所の異状部分は、早期修繕で保全できます。ご安心の上お過ごし下さい(M)

マンション住戸アフター点検診断に用いる主な点検診断調査機具

マンション住戸アフター点検機器の特徴や用途 又は性能応用の詳細は、特集ページの立会い鑑査検証調査機器をご覧下さい。
レーザーレベル
小型のレーザーレベル
この機種を観る
デジタル水準傾斜
デジタル水準傾斜計
この機種の機能を読む
レーザー距離計・巻尺
レーザー距離計器巻尺・コンベックスこの距離計の特長を読む
打診検査棒
打診検査棒
検査棒を見る
放射赤外線計
放射赤外線計器
この特長を読む
熱線式風量計
熱線式風量計器
この特性を読む

マンション点検チェック診断申込・手順(マンション専有部アフターサポート)

住戸診断サービス分類
  1. 第三者点検診断
  2. アフター点検チェック診断
  3. 定期アフター点検チェック
住戸診断サポート対象
  1. 既存マンション専有部(住戸)
  2. 分譲マンション
  3. 賃貸マンション

マンション住戸点検予約からアフターチェック診断実施日までの手順

手順項手順の手続き内容
1点検日予約の問合せ
次への矢印
マンション住戸点検診断に関する予定日時のご相談・ご質問等はマンション関連のお問合せフォームでの入力送信 またはお電話にて承ります。
2 前内容確認のご案内
次への矢印
ご相談人様から戴きましたお問合せ内容等は、ご指定されたご連絡方法に沿って当方よりご案内等を返信致します(Eメールまたはお電話にて)
3点検診断依頼申込み
次への矢印
マンション住戸点検診断チェックの正式な「依頼申込み」を、お客様からEメール 又はお電話にてご連絡を戴きますようお願いいたします。
4点検当日の準備案内
次への矢印
マンション住戸点検診断チェックの依頼申込み確認 およびアフターチェックのご準備内容を、当方より事前にEメールまたはお電話にてご案内いたします。
5アフター点検診断実施お約束致しました日時に調査担当者が点検診断チェックの対象マンション住戸にお伺いしてアフターチェック調査を実施します。

お客様のチェックサポート目的と、ご予算に合せて組み合せの上、事前にお申し下さい。
赤外線カメラ調査サービス分類
  1. 第三者点検診断サービス
  2. 点検チェック診断
赤外線カメラ調査実施対象
  1. 分譲マンション
  2. 賃貸マンション
  3. 住戸(専有部)
赤外線カメラで内壁変色異変部位を可視化調査
  • 調査対象:マンション専有部分の壁・天井・床部位
  • 屋内調査費用19,400円/3室・各1計測(税含み、PC解析報告書除く)
  • 調査仕様:赤外線カメラによる住戸内各部の放射熱線を可視化検分
詳細はチェックオプションのサーモグラフィ測定調査をご覧下さい。

サーモグラフィ測定調査のマンション住戸アフター点検実施とは

マンション居住中の壁・天井・床部位の断熱性低下に伴う湿潤現象やカビ発生などの現象部位を可視化して調査する、迅速な診査が可能です。
ホルムアルデヒド調査サービス分類
  1. 第三者点検診断サービス
  2. 点検チェック診断
ホルムアルデヒド調査実施対象
  1. 分譲マンション
  2. 賃貸マンション
  3. 住戸(専有部)
ホルムアルデヒド気中濃度採取測定器
  • 測定対象:マンション住戸内(専有部)の居室
  • 測定費用2,200円/1室・1測定(税込み)
  • 測定仕様:ホルムアルデヒド簡易測定器による住戸居室内の気中濃度測定
詳しくはチェックサポートオプションのホルムアルデヒド気中濃度測定をご覧下さい。
ホルムアルデヒド含有濃度デジタル測定器

ホルムアルデヒド簡易測定のマンション住戸アフター点検実施とは

新築マンション入居後、又はリフォーム工事後の新建材や家具等から揮発して室内気中に含有するホルムアルデヒド(揮発性有害物質)含有量を測定する調査です。
ベーシックレポート調書作成サービス分類
  1. 第三者点検診断サービス
  2. 点検チェック診断
ベーシックレポート作成対象
  1. 分譲マンション
  2. 既存マンション住戸(専有部)
マンション住戸アフター点検診断のベーシックレポート
  • 作成対象:マンション住戸(専有部)アフター点検診断チェックサービス
  • 作成費用11,200円/1住戸・1作成(税込み)
  • 作成日数:点検チェック後7日内(状況により8日以上の場合もあります)
  • 調書仕様:記述式による点検診断概要と図解入りのPDF診査レポート
書式内容の詳細は、チェックサポートオプションのベーシックレポート作成をご覧下さい。

住生活中のマンション住戸アフター点検チェック診断のベーシックレポート

マンション住戸の状態を端的に診査記述されたベーシックな点検診断レポートです。
ファインレポート調書作成サービス分類
  1. 第三者点検診断サービス
  2. 点検チェック診断
ファインレポート作成対象
  1. 分譲マンション
  2. 既存マンション住戸(専有部)
マンション住戸アフター点検診断のファインレポート
  • 作成対象:マンション住戸(専有部)アフター点検診断チェックサービス
  • 作成費用24,800円/1住戸・1作成(税込み)
  • 作成日数:点検チェック後12日内(状況により13日以上の場合もあります)
  • 策定仕様:記述式点検診断図解概要と現況写真付のPDF診査レポート
書式内容の詳細は、チェックサポートオプションのファインレポート作成をご覧下さい。

住生活中のマンション住戸アフター点検チェック診断のファインレポート

一級建築士が策定する詳細な点検報告書です。アフターサービスの期間中では、売主や建築会社へ不具合箇所の現状改修を申入れる際に参考となるガルア式点検診査レポートです。

マンション専有部アフターチェック診査と第三者定期点検

売主さんが実施する“無料アフターサービス定期点検”は、主に施工業者さんが主体で実施されます。それ故に、マンション入居後の不具合事象の多くは、そのアフターサービス点検員さんから、経年性の通常事象等と判別され免責説明を受け、若しくは応急的な補修でその場を納める行為が時々に実例しています。

一方、買主である居住の方にも、入居後の自己行為による傷や故障 及び 免責不具合事象・現象までも、無償で直して当然との認識の方もおられますので、売主側業者さんのアフターサービス定期点検も、その対応の厳しさが増すばかりと推察されます。

これらの状況下では、マイホームの財産価値も低下し、マンション全体の品質保全にも影響されます。長期的な良質居住環境の保持を考えた場合、ご入居後のアフター点検チェックにおいても、第三者性のある建築士による客観的なアフター点検チェックと診断が望まれます。